急な出費のときにカードローンに助けられました!

以前、予期せぬ急な出費が集中し、10万以上のまとまったお金が必要となった時期がありましたが、毎月の給料でギリギリの生活していたので、そんなお金は当然ありませんでした。

 

そんなときにふと広告が目に入ったカードローンを調べたら何か便利そうだったので使ってみようと思いました。^^

 

スピーディーな審査対応で即日融資も可能だったし、毎月の返済は数千円からという、もう私にとっては願ってもないローンでした。

 

お金を借りる方法はいろいろありますが、やっぱりカードローンは便利ですね♪

 

今すぐお金を借りるなら、こちらのカードローンがおススメ

 

三菱東京UFJ銀行

 

じぶん銀行

 

セブン銀行

 


お金を借りられるということは、社会的な信用の印

このたびの消費税率アップで、どこもかしこも今が買い時♪というムードになってきていますが、買い物する物の金額が高額になればなるほど社会的な信用が必要になります。

 

顔見知りなだけの人から借りる場合(大体生活費などに消費されるお金)には、せいぜい1万円が限度ですし、仲の良い友達から借りる場合にも、よっぽどの担保があっても100万円までが限度でしょう。

 

人生の中で一番大きな買い物となると、住宅やマンション購入となってきますが、数千万円のローンや借財となると銀行などで借りるしかありませんが、銀行で借りる場合には、一番のネックになるのが社会的信用度の有無です。

 

フリーターでも家が買える?ような時代なのかもしれませんが、それはある程度の現金を用意している場合のみ。大抵の方は正社員で信用のある型しかお金を借りることができません。

 

車は地方では生活必需品ですが、都心では贅沢品ですし、生活に直接必要のない高額品はローンを組んでまで購入する必要はないかと思いますが、そこまでしてローンやキャッシングをしてまで買いたいと思う人がいないと、経済は回らないのでそこは人の価値観の違いなんだろうなと感じます。

お金を借りる人がいるから経済が回っている

お金を借りるという行為は、一般的にあまり良いイメージを持たれていません。しかし、お金を借りることは、本当に良くない事なのでしょうか。私は、お金の貸し借りがあるからこそ、経済が回っていると考えています。

 

お金を借りることにマイナスイメージが強いのは、メディアを通して悪質な事件や違法業者ばかりを見ているからだと思います。当然、計画性の無い無茶な貸し借りは良くないですし、ただ浪費するためにお金を借りるのは、褒められたことではありません。

 

ただ、ビジネスにおけるお金の貸し借りとなると、話は違ってきます。ビジネスというのは、社会の流れに沿ったタイミングが非常に重要です。ヒット商品を生んだり、新たな事業を興したりするには、そのチャンスを逃さない事が大切です。

 

ですが、どんなことをするのにも、まとまった資金や先行投資は必須。そのために、銀行や金融会社で資金を借りることは、結果的にプラスの方向になることだと思います。

 

ビジネスの目的のもと、お金を借りる事は、社会経済にとって悪いことではないはずだと考えていますが、これはビジネスに限らず個人の経済活動においても同様だと思います。

更新履歴


このページの先頭へ戻る